GiDとは

GiDとは

11GiD_rogo2

カスタマイズ可能な汎用プリポスト

GiDは、すべての数値解析プログラムに対し3Dモデリングからデータ作成、ポスト処理まで柔軟に行える使い易い汎用グラフィカルソフトとして設計されてきました。GiDを利用することにより、有限要素をはじめ有限体積法、境界要素法、差分法、メッシュレスなどを利用した、機械構造、流動、電磁場、電熱等のほとんどの分野で十分に活用できます。

GiDは、異なる数値解析ソフトの開発・実用において、大学/研究所/企業のマルチユーザ環境で申し分なく使用できます。

普遍性: GiDは、数値解析手法による科学技術上の各種問題の解析に必要な(構造及び非構造メッシュ、境界条件、荷重条件、部材タイプ、結果表示機能等)すべての情報を申し分なく生成します。

柔軟性: GiDはどんな解析ソフトにも非常に簡単に対応できます。 ユーザーはデータ読み書きフォーマットを自由に定義できます。 GiDのインプット/アウトプットフォーマットはカスタマイズでき、どのような社内ソフトにも互換性をとることができます。ユーザの特殊なニーズや要望に応じて、データ作成や結果表示のために、異なるメニューを作りこむことができます。

手軽さ: GiDは、ユーザのニーズ、そしてインプットデータの準備及び結果表示段階で要求される簡潔性・スピード・効率性・正確さ、に重点をおいて開発されてきました。

Return Top