Toggle

GiDとは

カスタマイズ

GiDの統合プラットフォーム

GiDは従来よりカスタマイズ性に注力して開発されており、社内または商用のシミュレーションコードとの連携は非常に簡単です。ソルバーコードだけでなく、CADコード、外部メッシャー、または視覚化ツールとの連携を含む、強い統合も可能です。
入力と出力のフォーマットをカスタマイズでき、GiD内から計算プログラムを開始、監視、完了できます。さまざまなメニューを特定のニーズに合わせて調整でき、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)全体を再設計することもできます。異なるテーマを使用すると、GUIの全体的な外観が変わる可能性があります。
GiDのカスタマイズによって、ユーザーは、数値シミュレーションの前処理と後処理を、より効率的に実施することができます。

ソルバーの統合

GiD内の任意のソルバーとの統合は、簡単な方法で実行できます。ソルバーに必要なデータはxmlファイルでGiDに指定され、GiDはユーザーが意図するシミュレーションコードに対応するウィンドウとグラフィカルツリーを自動的に作成します。
エンティティはグループ化されて構成され、境界条件、材料、その他のプロパティが割り当てられます。シミュレーションのすべてのデータは、非常に効率的な方法でソルバー形式で記述されます。計算中、ソルバーはステータスを更新するために情報をGiDに送信し、最後に結果はポストプロセスのためにGiDに渡されます。
GiDPostライブラリは、ソルバーからのGiD形式での結果の書き込みを簡単にするために提供されています。
Compass ISは、GiD内のソルバーを接続するためのライブラリであるCustomLibの共同開発者です。この会社は、専門的なインターフェースを作成し、GiDをあらゆるアプリケーションまたは商用製品の特定のニーズに適合させるための専門的な開発サービスを提供しています。

等幾何学的解析(IGA)のサポート

GiDはアイソジオメトリックソルバーにおいてもすべての機能を使用できます。

  • パラメトリック、またはジオメトリックな情報や材料特性および条件といった、解析に必要なすべてのデータに、簡単な関数を使用してアクセスできます。
  • 強力で直感的なスクリプト言語”TCL”を介してモデルのすべての情報にアクセスできます。
  • すべてのデータは、ソルバーが必要とする形式で書き出すことができます。
GiDによる製品の派生

GiDは、複数のソフトウェアコードを単一のシミュレーション環境に統合するためのプラットフォームと見なすことができます。
プログラムがGiDに連携されると、ソフトウェアは単一の製品として認識され、一緒にパッケージ化されて商品化されます。
カスタマイズに関して同等の品質を備えた完全な社内ソフトウェア開発と比較して、実装コストを大幅に削減することができます。

開発済みのモジュール

GiDはすでに多くの数値シミュレーションコードにリンクされています。これらのコードのいくつかはGiDPlusにリストされています

Return Top