GiD使用例

近年の傾向としてコンピューターの能力アップと一体となって、ほとんどのエンジニアリング分野に数値解析が適用されています。シミュレーションにおいて、ボトルネックは解析ソフトを走らせる際のCPU処理時間ではありません。むしろ、解析プログラム読取りフォームでの形状の生成/データ作成時間です。効率的で使いやすいソフトが必要です。

GiDは開発当初から、ユーザから要求される正確さ・スピード・効率に重点をおいて開発されてきました。

インターフェースをカスタマイズできる為、構造解析、流動解析、及び製造業の形状生成工程等での特殊なニーズに対応し、ユーザは自家製ソフトを組み込んだり、メニューやデータ作成を最適なものに作り変えることができます。

Return Top